車のクラクションが大嫌い

車のクラクションが大嫌い

このサイトは自動車が大嫌いな30代女のぶっちゃけトークです。
サイトマップ

車のクラクションが大嫌い

よく必要もないのに車のクラクションを鳴らす人いますよね。
しかも、何度も長く流し続ける人。


自転車もそうですが、歩道を全力で走行しながら、前の通行人が邪魔だといわんばかりにベルを鳴らしまくる、人を時々見かけます。老若男女関係なく見かけますね。

車道が危険で歩道を自転車で通行するのであれば、歩道を歩いている人はもちろん後ろに目がついていませんから、せめてゆっくりした速度で徐行しながら、走行してほしいものです。

そしたら、そんなにチリンチリンベルを鳴らしまくるほどの必要性はなくなってくるんじゃないかと思うのですけどね。

話を車のクラクションに戻します。
もちろん理由があるのであれば、車のクラクションを鳴らすのもいいと思います。

相手に危険などを気づかせるためにクラクションがついていると思いますから。

ですが、明らかに必要ないと思うシチュエーションでクラクションを鳴らしまくっている人を街中で見かけるため、本当に嫌な気持ちになります。

法定速度を守って走行している軽自動車に対して、大型の高級車が、

じゃまだからもっと速度上げろよ

的な感じでクラクションを鳴らしまくっているシーンをつい先日も見かけました。

また嫌がらせなのか、横断歩道を渡っているカップルに、一時停止もしない状態で、クラクションを鳴らし続けながら、突っ込んでいた車も見かけました。

本当に気分が悪くなります。

こうした、相手に対して思いやりを持てない行動をとるドライバーが少なからずいるという事実も私が車を好きになれない理由の一つです。